NEWSニュース
2019/11/21NEWS

2019年11月22日「いい夫婦の日」は大安! お日柄を少しでも気にする人は半数以上 「入籍日の決め手」は記念日や語呂の良さ!

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチームブライズ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:大崎恵理子、以下当社)が「入籍日の決め手」に関するアンケート調査を実施しました。

11月22日は「いい夫婦の日」です。令和元年の「いい夫婦の日」は「大安」でお日柄も良いため、入籍日として人気になることが予想されます。また、来年2020年も「いい夫婦の日」は大安であるため、ますます入籍日の候補として広がっていくかもしれません。そんな入籍日、先輩カップルはどのように日にちを決めているのでしょうか。今回は、エイチームブライズより、入籍に必要なものや、先輩カップルが選んだ「入籍日の決め手」についてのアンケート結果をまとめました。さらに、いい夫婦の日以外にも入籍日にピッタリな語呂が良い日を紹介します。

―入籍に必要な4つのもの!-

婚姻届を役所に提出する際には、以下の4つが必要です。

①婚姻届1通
全国の市区町村、どこの役所・出張所でももらえます。あらかじめ2通ほど予備をもらっておくと、書き間違えた時も安心。また、平日忙しくて時間がない人は、役所の時間外受付でもらったり、インターネットでダウンロードしたりすることも可能です。
ハナユメ会員限定【オリジナル令和婚姻届】配布中!
会員登録はこちら:https://hana-yume.net/member/input/login/
②2人の印鑑
婚姻届けは記入・押印済みのものを持っていきますが、不備があった際の訂正印として、2人とも旧姓の印鑑を持っていくといいでしょう。

③2人の戸籍謄本
自分たちの本籍地と提出する役所が異なる場合は、結婚前の戸籍謄本(多くの場合は親が筆頭の戸籍)が必要です。ただし本籍地で届け出る場合は不要です。2人ともが本籍地と違う場所で提出する場合は2人とも戸籍謄本が必要となります。

④本人確認書類
婚姻届を届け出る際は本人確認書類が必要です。有効なものとしては、運転免許証、パスポート、保険証、マイナンバーカードなどの公的な書類が挙げられます。

■調査概要

調査方法:インターネットによる調査、調査対象:全国にお住まいの女性(生理日予測・体調管理アプリ「ラルーン」ユーザー)、調査期間:2017年11月9日~21日、調査エリア:全国サンプル数:966名

■調査サマリー

● 入籍日の決め手、最も多かったのは「お日柄の良い日」、次いで「二人の記念日」
● 入籍日を決める際にお日柄を気にする人は5割以上

● 入籍日の決め手、最も多かったのは「お日柄の良い日」、次いで「二人の記念日」

はじめに、入籍日の決め手について聞きました。結果は以下の通りで、「お日柄が良い日だった(23.8%)」という理由が最も多く、次いで「二人の記念日だった(23.5%)」、「語呂の良い日だった(17.8%)」という理由で入籍日を決めていることがわかりました。

「語呂の良い日だった」と回答した方の中には、「最高の日で3月15日」「8月22日で、やっと夫婦の日」「10月8日、永遠(とわ)ということで」といった声があがり、様々な語呂から入籍日を決めていることがわかります。
また、複数回答があったのが「猫の日」と呼ばれる2月22日。猫好きのカップルが選ぶだけではなく、絶対に忘れないからという理由で敢えて選ぶ人もいるようです。

● 入籍日を決める際にお日柄を気にする人は5割以上

入籍日を決める際にお日柄を気にしたかどうか聞いたところ、「気にした」と答えた方の割合が27.8%で「少し気にした」方が31.1%と、半数以上の人が入籍日を決める際にお日柄を気にしていることがわかりました。

―「いい日夫婦」の日だけじゃない、入籍日にピッタリな「良い語呂の日」-

幸せにまつわる語呂合わせの日
1月8日(一番ハッピー)・2月9日(福)・3月15日(最高)・8月10日(ハート)など、幸せな言葉を連想する日が人気なようです。
とにかく忘れない!語呂合わせが良い日
3月9日(サンキュー):いつも相手に感謝を忘れないように、といった理由で選ばれているようです。
5月5日(ゴーゴー):ゴーゴーという覚えやすさが人気。二人でどんどん新しいことにチャレンジして幸せになろう、という意味を込める人も。
趣味にまつわる語呂合わせの日
8月19日(バイク):二人でツーリングが趣味というカップルや、バイク好きの彼に記念日を忘れられないようこの日を選ぶ人もいるようです。
10月3日(登山):近年「登山女子」と呼ばれる、若い女性の登山家が増えているそうなので、二人の共通の趣味があれば選ぶ人もいるかもしれません。

■理想の結婚式を叶えたいなら「ハナユメ」へ

結婚式にこだわるカップルにおすすめなのが、結婚式場探しができるサービス「Hanayume(ハナユメ)」。ハナユメは、全国11ヶ所に無料相談デスクを展開しており、2019年オリコン日本顧客満足度調査「結婚式場相談カウンター」において、国内最大評価となる「1位」を3年連続獲得しています。
エイチームブライズのミッションでもある、「一組でも多くのカップルに“理想の結婚式”のきっかけを」お届けするため、ウエディングアドバイザーが結婚式場の探し方や比較のポイント、見積もりの見方を丁寧にアドバイスします。また、ハナユメのサイトでは、「シンプル」「ナチュラル」「かわいい」といったニュアンスでたくさんのイメージから結婚式場を選ぶこともできます。

■ハナユメ概要

「花嫁の理想を叶える」ために誕生した、結婚式場情報サイト『Hanayume(ハナユメ)』。全国に11店舗ある『ハナユメウエディングデスク』にて無料相談も可能です。
– 結婚式場予約サイト『ハナユメ』https://hana-yume.net/

▼入籍日他、結婚に関する記事はこちら
記事HP:https://hana-yume.net/howto/survey-married-date/

■会社概要

会社名:株式会社エイチーム(Ateam Inc.)
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F
代表者:代表取締役社長 林高生
設立:2000年2月29日
資本金:836百万円(2019年7月末時点)
事業内容:人生のイベントや日常生活に密着した様々なウェブサービスを提供する「ライフスタイルサポート事業」、スマートデバイス向けゲーム・ツールアプリを提供する「エンターテインメント事業」、自転車専門通販サイトを運営する「EC事業」の3つの軸で事業を展開する総合IT企業
https://www.a-tm.co.jp/

※文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。